はやいなあ

お久しぶりです。

なかなか皆さんと会える機会がなくなってさみしいですが、
元気にやっています。
今はテニス一筋な感じです。

なんかふとこのブログが懐かしくなったので
mixiに書いた日記を貼ってこうかなと思い立った次第です。




11月入ってはや10日。

京大に入ってはや7ヶ月。


時間が経つのは本当にあっという間ですね

自分にとっていい時間の過ごし方をしたいものです。

時間を浪費するという失敗はよくありがちなミスでありながら、イージーミスとも言い難い。

そして厄介なことに、
時間を浪費しちゃったっていう自覚を持ったミス以外については疑問を持ちにくい。

…つまりですよ。
「今日は二度寝の誘惑に負けて12時間も布団の中で過ごしてしまったよ。はっはっはー。反省m(_ _)m」
って言う不届き者の自分がいたとして、
そいつはこの時点で
前日の学校にいた時間、
空きコマ(と勝手に決めたコマ)にテニスしていた時間、
OFFにどこかへお出かけした時間、

などなどの時間の密度については何も感じてはないんです。


ここで特に強調したいことは、
「あの時間はこっちにあてるべきだった」
という反省よりも
「あの時間は同じ◯◯をするにしても、もっと有意義にできたんじゃないか」
って思うことは難しいってことです。


多分ですけど、大抵のことって時間を割く意味はあることだと思います。そう思いません?
勉強・部活・遊び、全部。
僕は昼寝ですら、「ナイス充電o(・・o) 」って思ったり。

そう思うからこそ、これらに割いた時間には特になんも後悔しなかったりします。



でも現に同じ授業を受けてても理解度の差は生まれるし、
同じ練習をしても試合で勝つ者と負ける者に分かれる。
同じ一日という時間を他の人たちと過ごしても、色んな要因で、どれ位楽しめるか・仲良くなれるか・知り合えるか変わる。



天才って呼ばれる人っていますよね。

天性の才能、略して天才なんでしょうか。

具体的にそういう人たちが天才と呼ばれる所以は単位時間あたりに進化する程度が大きいからだと思うんです。

特になんも考えずとも進化しまくれるのであればその道において天才なんでしょう。

裏を返してみると、
色々努力なり思考なりすることで、
単位時間あたりに前に進める量が増えたなら、
元が凡才だろうと天才レベル達成ですよね。

しかもナチュラル天才はある道においてのみ天才ですが、
天才レベルの凡才は他の分野でも天才レベルになれそうな気がします。だって進化のノウハウがありますから。
まあ、この論理は世の人間を天才と凡才で二分してる時点で歪んでるけども。


僕のことを天才だと言ってくれた人がほんとにごく少数ですが地元にいます。まあ冗談だったりもしましょうが、
褒め言葉なので嬉しいです。

けどそれはまず間違いです。
自分が何かでいい結果を出せたとき、その理由はいつも生活に存在してるからです。具体的にそれがなんなのか割り出せないことは多々ありますが。

ちなみに小学生だった自分は自分を天才だと思ってました。どの分野でも自分より優れた同級生は何人もいたのにマヌケな奴です。
自覚はないけど自分の性格の奥底は今もきっとそんなんなんでしょう。
まあそこは先天的なもの、もしくはびちゃっと自分に染み付いたものだろうからしゃーない。



自分にとっていい時間の過ごし方ってのは、基本的にはですが、なるべく前に進める時間の使い方です。

なるべく高い能力を身につける。
なるべく輝く思い出をつくる。
なるべく深い人間関係を生む。

そして高い能力も輝く思い出も深い人間関係も、またさらに前進する原動力になります。

いつの間にかその原動力はすーぱーなものになってはいぱーなものになって、いつの間にか天才レベルになります。


なんだか天才レベルになりたいとか子どもっぽく聞こえるけど、
今を駆け抜ける
ってのはこういうことかな、と思うこの頃です。

たまには歩みを止めてぼんやりすんのもいいですが、時間を貯めることはできないですからね。
前に進むなら全力疾走です。


ちなみに勉強においてこういうことを考えることは今はほとんどない。ぽぽぽぽーん。


とりあえず、

行動していこう!



もはや誰もこのブログは読んでない気もしますが、消す気には全くならないものです。
[PR]
# by sarupote | 2011-11-11 10:17

ほうこく

第一志望うかりました。

安堵感でいっぱいです


ちょっとまだ復帰はできなそうですが、これからもよろしくおねがいします
[PR]
# by sarupote | 2011-03-12 07:45

おひさしぶりです

二年間続いた受験生活が2月26日を以ってついに終わりました。

第二志望の私立は受かったので、4月から大学生になることは確定です。



第一志望については、まだなんともいえません・・・


自分の点数も、自己採点なので正確じゃないし、

数学の易化等もあって合格最低点が例年より上がるというのが大方の予想なので。


受かってるといいな~。



京大はカンニング問題で大騒ぎですが、

おそらく、大部分の受験生達は世間が思っているほど動揺してないです。


こう考えるのは、僕が文理の区分の時点で直接合否に影響されない立場だとわかっているっていうのもありますが、

いずれ犯人は確定するだろうし、
もともとそんなレベルの人間との競争じゃないでしょ。


もちろんふざけた奴だとは思うし、今後の日本の入試にとって重大な事件だとは思うけど、

掲示板みてても、もうカンニングのニュースは出てるのに、
入試が終わってしばらくは問題の易化難化の話ばかり。


皆本音では、そんなんで自分の合否が揺らぐなんてないってわかってるんだよね。



あーあ、終わっちゃったな。


入試が終わってから、自分の生活の濃度が急激に落ちているのを感じる。

そしてこの一年間の濃さというのがわかってきて、悪くなかったなって、そう思う。


パラダイスからは程遠かったけど。悪くなかったです。



とりあえず三月は好きなことしてすごしたい。




このブログを見ている方が今どれほどいるのかわかりませんが、
これからも仲良くしていただけるとうれしいです。

ではではー
[PR]
# by sarupote | 2011-03-01 20:16

ほうこく

おひさしぶりです。


今日はちょっとPC使えるので、いわゆる生存報告しておきます。

ですので、もしもコメントいただいても、それを見れるのはまた後のことになると思います。



といっても、勉強くらいしか書くことが・・・



あ、携帯がパケホになったので怪盗ロワイヤルに手を出しています。

もっと知的なゲームかと思いきや、単なる育成RPG的な?

ミッション要員120人とかなっちゃえば朝晩と日中に2回くらい、10分ほどやれば、ロスもなく育つので、休み時間とかにいいかも。

名前は「さるぽて」だからよかったらモバ友に。


あとはmixiで好きなこと書いてます。



そして今思った・・・

最近の僕はmixiの日記でも絵文字に頼りすぎているのかもしれない。


絵文字がないと、なんだろう・・・・
わかる?


絵文字って、自分がどんな気分でその文書いてるか簡単に表現できるんだよね。

汗がタラって流れてる顔の絵文字がお気に入り。


最近までほとんどつかってなかったんだけど。

携帯から文章書くようになってそう思ったよ。


やっぱ自分がある状況に置かれてる間は、その状況のことはわからないみたいで、

その状況から離れてやっとわかることって多いよね~。





さて、

一応勉強するべき身なのでそっち系も書いとくと、

志望校は今のところ京大の工学部・工業化学科にするつもりです。


物理系とも迷ってはいたんだけど、センター試験で公民の選択が不可だった。。。

まあ化学は好きなので後ろめたさはないし、すんなり決まる決定打になって逆に楽だったかもしれません。

ぶっちゃけ入ってみないとね~。わかんないもん。。。



実際将来なにすんだろうなぁ。




京大なら、あるいは科学の最先端を研究しているかもしれない。



でもそうなってなくても、

今の受験勉強と、大学の勉強が無駄にはならないとは言い切れる。



というのも、


「思考能力」という漠然としたものと、
「知識」という土台を使って、

今学問を学んでいる。


逆に、学問を学ぶことによって、

「思考能力」はより大きなものになって、
「知識」という土台がしっかりしてくる。



だから
仮にその学問を将来使わなくても、
仮にその知識の大半が使わなくても、


少なくとも「思考能力」は残されるわけです。


ホントに謎な能力だと思うよ。

だって、テストの点だけじゃなくて、スポーツにおいても要求されてるくらいだし。

あるいはゲームにも。



そりゃ、勉強ばっかりやってたバカはいるけど。

勉強してこなかった秀才もいるけど。



少なくとも勉強と思考能力に相関関係はあるでしょ?


あとは、上記二つのバカと秀才には思考能力じゃなくて、人間性の面で差があるかも。



まあ、「こういう言い方したら相手はこう思うだろう」

とかそういう人間力すらも、
あるいは思考能力かもしれないけど。




だから、勉強やってて将来の役に立つのかという

ただそれだけの問いかけによって、

勉強をやめるということはなくなりました。



ペンが止まっちゃうのは楽しかった思い出とかをフラッシュバックしちゃってるときかなぁ。

テニスで自分が良いポイントとったときとかね。

あれ?そういうのない?





そして、経済的な面から東大にする可能性も十分残っているので東大模試も受けました。


結果はB判定がでて、全体の上位10%の順位になったので、

少しは一学期の勉強も身についてたんだなって数字で見れてうれしかったです。



この前は京大模試受けました。



京大は英語がすごいなぁ。

和訳はまあ普通に長い和訳なんだけど、

英訳はあんなに長くて抽象的な文章を英語にしたことなかったからむずい。



国語も東大よりちょっと記述量が多い。


数学は難易度はあんま差がなさそうだけど、問題の雰囲気が違う。
・・・なんて曖昧な考察だろう。

理科は化学Ⅱの分野が東大より深く聞かれるけど、他はやや簡単かもしれない。


全体としては、初めての京大形式の問題だったせいか

東大のよりできなかった印象が。

順位とかは結果返ってこないとわかんないけど。



まあそんな感じでやっています。


めいぽには当分もどれなそうです。

せっかくえくれ屋にいれてもらってちょっと仲良くなったのに。
とぶさん、ふゆさん。
この記事読んだら、えくれやの皆さんに宜しくお伝えください~


あ、なんか大幅にゲーム自体が変わるみたいだね。


春になったら、皆いっせいになんか新しいゲーム始めてみたいなぁって思うんだ。


また遊ぼう~

ではでは~また今度。
[PR]
# by sarupote | 2010-08-24 22:27

諸事情

いろいろあって、しばらくPCがない状態になります


また復活したら何か書いていこうと思います



というわけでこのブログは休止。
[PR]
# by sarupote | 2010-07-28 07:14

もりなが

ある人から、命令が下った。


もりながたくろうを検索せよ





僕は名前を聞いただけじゃわかんなかったので、あんまり気にもとめてなかったんだけど。

チョコっと調べたら

この人はアヤナミレイが好きらしいので、

「そういうことか」

って最初は思ってた。



ところが結構マジな話だったっぽいので今日はちょっといろいろ動画とか見てました。






経済学者?政治評論家?です。

ついでに獨協大学の教授らしいです。






まあ動画見てやっと誰かわかりました。






正直ね・・・

政治経済をセンターの科目としてとってるけど、

今の経済の状況に陥った原因なんてものはさっぱりなのよ。





だから僕がどんな意見を持とうが、森永さんをどう批判しようが

そもそも同じ土俵の上に立っていない。





でもなんかこの人の論は「うん」ってうなずけないや。





なんでかよくわかんないけど・・・・


なんか極論多い?




こっから、ちょっと文体が批判的になるけど、






エコノミストは全員金持ちの仲間とか。

自分もじゃん。


大金持ちは運がよかったか、悪いことをしたか。とか。



相続税は100%でいいとか。



「なんでお金持ちの子が、そうじゃない家の子よりスタートラインが優遇されていいんですか?」・・・①


(ちょっと数学っぽく①とおいておく。)



ってこの人が言ってるところで見るのはやめました。






さて、

半額以下になってるとはいえ予備校にも通わせてもらってるから最下層ではないにしても


うちはかなり収入は低い方だと思う。




でもちっちゃいころから勉強にせよサッカーにせよ、

金持ちの家の子より不利だとは思わなかったし。




そして金持ちの中にも、


典型的な「おぼっちゃま」みたいに勉強はそこそこできるけど動けないメガネ君(ちゃん)もいれば、



ふgは誰のことかわかると思うけど、

東工大受けるくらい勉強は出来る上にスーパーマッチョでオタクでetc・・・なゴリラ・・・じゃなくて友達もいた。

あいつはほんとイイヤツ。友達守るために不良おっぱらったり。066.gif



逆に、貧乏な東大生っていっぱいいるし。




だからまず、お金もちの家だからスタートライン云々って変だよね。

因果関係がはっきりしてない。

多少の相関関係はあると思う。でも明らかなものじゃないでしょ






ところで、ここでいうスタートラインってのは、

社会に出て行くうえで必要なものを子供のうちに身につける

という「子供の」レースにおけるスタートラインだと解釈。









それから、子供にとって環境ってのは、

まだ年が小さければ小さいほど受動的なものでしょ?


だからお金持ちであることの意義ってのは

教育にたくさんお金をかけられるってこと


つまり、子よりも「親側」にとって有利っていう色が濃い気がする。


だとすれば、働いていっぱいお金稼いだ人が子育てを有利に進められるのは当たり前でしょ。





子供にとって、曖昧なスタートラインの評価をつけることはナンセンスで、

親にとって、金持ちの方が子育てが有利なのは成し遂げたことを考えれば当然だって考えれば

①の答えになってるんじゃないの?

これは2世3世の人の場合を考えてないけどね。











ここまでそんなに重要じゃないと思われる森永さんの発言に食いついてきた。

同じ土俵に立てないのでしょうがないから遠くから座布団投げました



僕は経済論で批判はできない。



でも経済じゃないところでは所々で異論がいえる。




たぶん僕がこの人に共感できないのは、言ってる経済論が変なんじゃなくて、


もっと根幹の部分の考え方に違和感があるのかもしれない。

それがなんなのかは捕らえきれないけども。





もちろん、これに関してどっちが正しいもないどころか、

普通に考えて向こうの方が長く生きてるんだから・・・。


って考えたらおしまいか。












経済って難しいよね。


だって、経済を読むには人の心を理解することが絶対必要だよ




これをしたら一般人はこうしたいと思うはずだから消費が増えて。。。




要するにこういうことを計算して、統計をとって、時には模索しながら経済対策ってするわけでしょ。



まだ明かされてない自然科学よりよっぽど不確定なことやってるよね。

そして時には科学の知識も踏まえたことやってるんだろうし。

因果関係を特定できないから過去の統計も完璧なものとはいえないし。


さらに実際に政策を打ち立てて国を動かすにはスピーチする力とか人格まで評価されて。
かなり複合的なもの要求される。

さらには悪い集団に邪魔されたり。









自然科学がまだ隠されているものを明かしていく学問に対して


経済学とかは、未来を変化させる方法を学ぶ学問だよね。

対象が不確定。

これだけみたら明らかに経済の方がむずい。


森永さんもいっぱい勉強したんだろうな~。





眠いから強引に締めるけど、

自然科学から、社会の動向まで、幅広い背景知識を持った人間になりたい



まずは政治経済という勉強からか~。

でも、理系科目もそうだけど、

高校の範囲じゃ生活にほとんど生かされないんだよね。


これをすっ飛ばして表面のことだけ知ってもだめなのはわかってるんだけど・・・
幅広い背景知識を持つと何が起こるのかも明確にできないけど・・・

うん、おわり。
[PR]
# by sarupote | 2010-07-22 00:15

middle time no see

おひさでもないけど、若干答え出すまでにあいちゃいました。

というわけで、勝手にmiddle使って造語。
ちなみに綴りが不安で調べた。






答えの本(非売品)







①日本語にしてください



1. ★☆☆ The roads were busy.

みんな正解~。

まあ雰囲気でね。。。混んでそうだよね・・・

あとはthe traffic was heavy も同じ~。


2. ★☆☆ I put money in a safe .

safeのちょいと意外な意味みたいな感じで・・・

でもみんなわかっちゃったという・・・


3. ★★☆ He is running a shop.

彼は店を走り回っていた・・・っていう答えを期待していた僕があほだった・・・



4. ★★★ She did not come to the party for some reason .

これが一番ムズイと思われる問題です

注目はsome reason

reasonsではないとです。

もしも、

「いくつかの理由」

だとすると、

理由はいくつかあるんだから複数形のはずじゃない?


でね~。someってね~。
「よくわかんない」っていうのが原義らしい。


some books 「いくつかの本」

いくつかってのは数がどのくらいかよくわかんないってこと。


ところで、たとえばsomeoneって意味は「誰か」だよね。

不確定な人。


するとsome reasonというと、

不確定な理由


まあよくわかんない理由ってことです。



ふゆさんすごすぎ。




②次の英文は日本語の文に対して、常識的に考えて、おかしいです。何がへん?


1.★☆☆ 「私はよく鍵を自分の部屋に忘れる。」

I often forget my key in my room.


日本語では忘れるっていうけど、

正確にいうと、「置き」忘れるだよね。

置いてっちゃった。ってこと。


そういうことはleaveであらわすのです。

たとえば

コメントにありました。


Do not leave me alone

「一人にしないで。(私を一人で置いてかないで)」


というわけで、forgetをleaveに変えないとです。


ところで、forget のままだと、僕が考える日本語訳は




「私は部屋で鍵という存在をよく忘れる」


・・・

病院へいこう。







2.★★☆ 「山は雪化粧をしていた。」

The mountain covered with snow.


もちろん、山は雪で覆われていた。っていうことを言いたそう。


でも覆われていたんだよ?

「覆われて」の「れ」は受身だよね。


というわけで、この文も受身にすべし。


The mountain was covered with snow



ところで、受身にしないと?

coverって「覆う」って意味です。

だからとぶさんの言うとおり

山が雪を覆っていた。




にしたかったんだけど、何も考えずbe動詞だけとった文にしちゃった。


withが残っちゃてるから正確にはたぶん、



雪と一緒に、山は覆った。


なにを?・・・





これに関連してよく中学で問題になる受身の問題で言えば


I am surprising at his performance.

私は彼のパフォーマンスに驚いてる。



っていう文章が誤りですよっていう話。


surpriseが「驚かせる」って意味だからね。受身にしないと。


驚いてるんだから別にあの文でもいいじゃん・・・って昔は思った。





でもさ、よくよく考えるとさ、

驚くためには

驚かされるしかなくない?


たとえばさ、






今から10回驚いてよ。








できた?









「わおっ わおっわおっわおっわおっうわおっわお~。」


って言ってもそれは驚いたフリです。


日本語より、英語の方がより正確に表現してるかもね~。



ちなみにこの問題のベストアンサー賞に選びたいと思っているのは。



「雪が山を覆っているのに雪化粧ってきれいに言っているから。」


こんなに愛嬌のある答えはないと思う・・・




3.★★★? 「ねっきどんは沖縄に海水浴をしにいった」
  ★★☆?

Nekki went swimming to Okinawa.


問題はto。


前置詞のお話。

イメージとしてさ。

e0182077_22555754.jpg



こんな感じじゃない?

いや、日本地図はどうでもいいよ。




このイメージどおりにねっきどんは泳ぎにいくわけです。

だからこの文章だと、



・仮にねっきどんが北海道に住んでいた場合。


決意新たに津軽海峡にダイブ。

そのまま太平洋側に出て、小学校のころならったリアス式海岸を右手に泳ぐ。

泳ぐ。

黒潮に逆らう。

鳴門海峡につかまる。

屋久島。

あとちょっと。

ついた。


ふわぁ。いい海水浴だった。



栄誉賞モノです。




というわけで、

to じゃなくてinに。

atでもいいような気がしなくもないけど、より場所が限定されてくるね。





以上です~。

解いてくれてありがとう~。


実はさ、

問題だすときさ、

出したはいいけど、僕一人だけ張り切っててあんま周りの反応がなかったら嫌だな~って思ってさ。

「わかんないから、いいや」

って思われたらいやだな~って。

でも一方で、簡単なのだしてもつまんないし。



というわけで、ほやけさんに聞いたのさ。

「西野カナの歌詞に出てくる英語とか結構意味わかる?」

って。

そしたらさ、「全然わからんよ003.gif

でも、そのあとすぐに「出してみて~」

と言ってくれたから出題してみたよ。

そしてほやけさん、ちゃっかりだいぶ問題わかってるの・・・



なんかとぶさんが比較的お気に入りになってくれたっぽいし、

またなんか問題がいくつか整ったら書きたいな~。
[PR]
# by sarupote | 2010-07-08 23:18