<   2009年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ひとくぎり

さて、約4ヶ月という長いこと、このさるざるぐさを書いてきましたが  (ここツッコミどころ)

一応この記事が最後ということで。


昔もブログやってた時期ありましたが、今回の方が書いてておもしろかったです。




というわけで姿を消しますが・・・

ちょこちょこ、ネット使う機会はあるはずなので、そんときはなんか書くことあったら書きたいと思います。





なんかちょっと見返すとすんごい遊んでばっかそうに見えるよ。。。

しかも最近は昼休みはバスケ大会の練習。
(これが、バスケ部が本格的にポジション分けて教えてくれるからむずいんだ。)

放課後は駅伝の練習で走る。

・・・


もちろん勉強なるものをがんばってます。



受験の方は、大学一個しか受けない上に、そこは挑戦校っていう状態。


押さえを受けない理由は、もちろん弟と受験が重なって経済的に・・・

ってのもありますが、

押さえで私立受けて、そのために時間と体力をとられるのはきついよって先生が話しているので、
おとなしくそれに従おうと思います。というか納得もしたんです。








ほんと、

志望校のランク下げたら楽なのかな・・・って思うけど、

今年もし、第一志望の学校を受けなかったら後悔するのは目に見えてる。


もう、第一志望の学校を一度決めた時点で、その学校以外を第一志望として受けることは
受験の「失敗」を意味しちゃうと思うんです。
もちろん、いろいろ調べて「こっちの学校の方がこれがいい」っていう理由付けがはっきりできたら別ですが。



どこ受けるかなんてことは自由なのに、
自分の中のそういった心の縛りがあるせいで受けることができる学校は決まっちゃってるっていうジレンマ。

そしてそれは同時に、その学校に行きたいって思うからこそのジレンマ。


高校入試のときは、受かろうが落ちようが次のステップに進める。何を背負って進むかに違いはあるけど。

でも今年はダメなら進めないって思うとやっぱし、こわいこわい。
広い視野をもって見れば、浪人は浪人で大事な一年になるとは思いますが。


頑張るしかないって思ってやってるのに、「まだ勉強できるんじゃないか?」って思いながら帰ったり。

模試の結果も良くはないのに。

最近は「引越しの準備あるし・・・」って理由付けたり。

ちょっとダメでした。





というわけで、ラストスパートかけていきたいと思います!
[PR]
by sarupote | 2009-11-23 22:00

メール

ほやけさんのメールの中の一文:「ジャージのズボンの裾にチャックがついてるのはどういう意味があると思う?」






僕の返信:「わざわざジャージ脱がなくても靴ぬげるからじゃないかな。」

数分後の自分:
[PR]
by sarupote | 2009-11-22 20:47

ぐるぐる

学校で配られた問題集はもう、一通り解き終わりました。



しかし、問題集は2周、3周と、何周かぐるぐる解きなおさないとだめなのです。
自分にとってランクの高い問題集であるほど。


なぜか?


一回解けなくて、答えを確認した問題を3日後に見て、すぐに解るか?

案外わかんないもんです。


語句も、覚えたつもりな事項も実は一回頑張っただけでは忘れちゃってるから、
範囲が広いテストの勉強(入試とかの試験ナド)のときなんかは、勉強の最初のころにやったことってなかなか解けないんです。


さらに、自分にとって挑戦と言えるレベルの問題は答えみてもわかんなかったり。

そしたら自分で悩んでみる。
教科書とかで調べてみる。
友達とかに聞いてみる。


学生なら先生に質問すれば一発でOKですけど。夜は先生も帰っちゃうし・・・

そういうときは一度わかったつもりになって飛ばしてみるのも手みたい。






・飛ばして先に進む。

進んだ先でその教科・科目の理解が深まる。


二周目に入る。


なんと飛ばしたとこがなんとなくわかっちまっただよ。

ハッピーエンド。





進んだ先も、その進んだ先もその先も・・・

わからんけ。

ってなっちゃうと、ちとつらいけど。




やり方としては、問題の横とかに、
自力でとけたら「〇」

答え見たら、(あ~そういうことか。)ってなったら「△」

答え見ても、(ふーん。世の中にはつえー問題がいっぱいいるな。ちょっとなに言ってるのかわかんねーぞ)
だったら「×」

って印つけて〇が二連続で続いたら3周目はその問題はやらない。ってやってます。






なんでこんなこと書いてんだか。






化学の先生の言葉:「この問題集を3周すればどこにでも入れるヨ」
数学の先生の言葉:「スタン・オリスタ(問題集の名前)を3周すれば入れない大学はないでしょう」



?・・・はい~?

ってなったけど、とりあえず信じて、
この連休は理系科目の問題集を解きまくることにします。

ここに宣言して自分に縛りをかける作戦です。

だれかに、「これ、やるから。」って言っとくと自分に妥協できなくなったりしますよね。


でも、どのくらいやるのかまで書いてないから縛りでもなんでもないか。






さて、ここで終わり、と思ったんだけど、

二周目になんないとわかんないことがある・・・




めいぽ・・・



e0182077_0591891.jpg



がむしゃらにレベルを上げて、みんなと一緒に火ブルを狩るためにDEXも一生懸命あげて、
髪の毛だけ力強くなってしまった
「剣豪さるマン」というめいぽのDK一周目を終えて




一周目の経験を踏まえた上で、めいぷるというゲームの全貌が大体明らかになった状態で始めた
「さるぽて」という、めいぽのDK二周目については、いまのところなんの不満もないです。

レベルを上げても同じスキルを使えるようになっていくばかりで
「これ意味あんのかな・・・」って思ったりもしましたが。今は満足。

もちろん剣豪さるマンには、コイツにしかない思い出だったり愛着もある。

でもだれだって最初に育てるキャラには「こうすりゃ良かったかな」っていう点があると思います。


「この、メイプルストーリーというゲーム。今はまだ見えていないが、強化書とやらを使ったり、また、ネクソンはこれからもいろんな装備を実装するだろうから、命中の不足は長い目で見れば解消されるだろう。
よし、ここはSTR全振りだ!」

っていうビクトリアアイランド在住のめいぽ暦2日の人がいたらオバケです。


それはまるで、初めて東大の数学の過去問解き始めてんのにどれも見ただけで解法の手順は頭に浮かぶ。

みたいな。


失敗は成功のもと

とはよく言いますが、
失敗を成功のもとにするためには、失敗したことにもう一度挑戦する姿勢を持つことが必要っぽいです。
[PR]
by sarupote | 2009-11-21 00:47

bitefight

多くの方に関係のないゲームですが、
思ったことがあったので。


ときどき

e0182077_2156271.jpg



こんなの持ってる人いますよね。トーテムって言うらしい




どうやってゲットするのか気になったので、ちょっと調べてみたところ、
100日以上放置してるプレイヤーを狩るとゲットできるみたい。
その放置プレイヤーは削除。


さて、攻撃できるプレイヤーレベルは自分のレベル+-9くらいまでみたいです。

ということは、40レベルの吸血鬼が攻撃できる相手は31~49

高得点のランキングを見てみると狼で31レベル~49レベルの人は100人くらいしかいないんです。

このたった100人のなかに100日以上の放置プレイヤーはいるのか?・・・
しかも自分が偶然倒せる確率は?・・・

e0182077_225113.jpg


人口分布は必ずこんな感じになってる。
そして100日以上放置=やめるって考えると
やめるって人の多くは、始めてすぐ、「つまんない」って思う人だろうから、
低レベルの人が多いはずです。

すると40レベルになってしまったsarupoteがトーテムをゲットできる可能性はほぼ0。



さらに、このゲームで一番の失敗は「ただレベルを上げてしまう」ことです。

このゲーム、レベルを上げただけではステータスが上がらない。
つまりこの失敗をすると自分は強くなってないのに戦う相手の強さは上がる。


こうなってしまうとあとから装備整えていこうと思ってもそのころには周りの強いやつらに狩られてお金を奪われちゃう。


ちぇっかどんはレベルの割りにステータス高めでいい感じかも。



・・・


sarupoteは?・・・

・・・


めいぽでいう、「剣豪さるマン」になってもらう他なさそうです。
[PR]
by sarupote | 2009-11-17 22:17

1=2です。


・「五十歩百歩」とは、50歩も100歩も変わらないという意味であるから
50歩 = 100歩

両辺を50歩で割って

1=2






e0182077_20305762.jpg


・①から②,③という作業をずっと繰り返していくと最終的に④の状態になる。

1+1=1

1=2




・b = a
とする。この両辺に a を足すと
a + b = 2a
両辺から 2b を引くと
a - b = 2a - 2b
(a - b) = 2(a - b)
両辺を (a - b) で割ると
1 = 2

アンサイクロペディア



知恵の無駄遣いだよね・・・





いや、僕みたいに見て楽しんでる人がいるんだから
一つのエンターテインメントとして成り立ってるのか。


何が言いたいってものはないんだけど紹介したくなったよ。


こういうの考える人って頭柔らかいよね。。。
もちろん数学的に正しくないんだけど・・・

何がおかしいのかは下に書いとく

More
[PR]
by sarupote | 2009-11-14 21:32

せいせいどうどうだ

いなくなる宣言して一週間以上が経ち・・・

いまだに転居日は決まらず。


・・・

やっぱ直前になって言うべきだったかな。

でもなんかしゃべりたくなっちゃうんだよね。実生活じゃそんなにおしゃべりじゃないですが。

たぶんオフ会みたいのやったら敬語で固めてしばらく様子を見る・・・

ってかんじだと思います。

ほやけさんに方言でたたみかけられたらどうしよう。
ちぇっかどんに投げ飛ばされたらどうしよう。
ねっきどんに・・・・     ・・・どうしよう。


ねっきどんにはもう遭ったんだけどね。 あえてこの字。









そうそう、BiteFightの話だけど、よーきんぐに勝ったよ。   よう、きんぐ
きっと25敗1勝くらいだね。勝った直後に狩られたけどね。ムキになったんだね。

これ、最初にサイトに飛んだときビックリするよね。
「あなたは噛まれました!」

危険なサイトかと思うよね。でも時間とられないしおもしろいね.

~~だね。っていう文体ばっかだね。





それからほやけさんのブログ見てからちょっと興味がわき始めたものが。

「合戦!スタジアム」

ってゲーム。ハンゲーム。知らない人の方が多いかな。

勝ってるうちは気分がいいんだよね・・・
負けると悔しくてしょうがない・・・

この前「ひきょうだ!」って対戦相手に言われたよ。

もちろんねっきどんからはもう10回くらい言われてるんだけど、全然違う人。

え!って思って・・・
話してみると、アイテムがずるいって言いたいみたい・・・

彼の残した言葉:


戦国は

せいせいどうどうだ



アイテムがあるゲームなんだからしょうがないじゃん・・・



「アイテム出現頻度下げれば、少しは現実に近づけます。」



って言ってみたところ、




情けは無用



・・・なんかおもしろい人だったよ・・・「せいせいどうどうだ」ってひらがなのところがいい・・・

これも一戦一戦が、長くても10分でタイムアップだし、お手ごろです。

ビジュアルはめいぽ並のまったり具合です。

でも戦闘をよく見ると攻撃されたときお馬さんも宙を舞ったりするしびっくりです。
ちょこまか操作できるヤツが勝ちます。




めいぽはたま~に早朝にINしたりしてますが基本的にちょろっとロイドとか狩っておしまい。



以上近況報告!




ってゲームの話ばっかですが、勉強も頑張ってます。



頑張ってます。
[PR]
by sarupote | 2009-11-12 21:54

帰り道

先ほど下駄箱で靴に履き替えて外に出たとたん・・・




さむっ

うわ~。

さぶっさむっ




むちゃくちゃ寒かったです。


おとといのマラソン大会は最高気温25℃超えて夏日だったのに・・・


自転車使ってるから手が冷たい・・・



ちなみに寒いのは苦手です。
暑いのは得意じゃありません



寒いってことばっか考えながら信号で止まる。

ふと自販機の広告が目に止まる。



「キレートレモン     Mew  容量10%増量」


噂のキレートレモンじゃないか
しかも10%増量だって。


今度飲もうかなって思ってたし、
これはラッキー。
なのか?

それとも神の思し召し・・・








数秒後にはあったかいココア握ってましたケド。


寒かったんだもん・・・

More
[PR]
by sarupote | 2009-11-03 20:35

走りました

マラソン大会おわりました~

第一声はやっぱり、

つかれた。しにそう。


だんだんすがすがしくなってくるんですが。

もう階段下りるのがつらい。
これはもう疲れじゃなくてケガだと思うのは僕だけかな・・・


足が棒のようだ

では表現として足りないです。こういうときは

足がてつくずだ

と言います。

これ、テストに出るかもしれません。





保証はしません。






走り始めてすぐ、
なんか右ひざの外側が痛い・・・

も~やだ~。
って気持ちでしたがどうやら、がに股気味に走ると痛くないことを発見し解決。



去年とほとんど同じペースで最初の10kmを走って、

うん。まずまず。

関門でスタンプ押してもらって、

「さあ、つぎいこ~」



って気分にはならず・・・

足が重い・・・


「なぜじゃ、まだ5分の1しか進んでないんですけど。」

・・・


「!?」


・・・


「衰えた・・・」






みたい。





荷物も去年よりは軽いリュックサックで挑んだんだけどな~。
着替えも今日は暑いと見込んで薄手の長袖と七部丈のズボン。
「よし、軽い軽い。」っと満足してたんだけどな~


最後の6kmは、ずーっと利根川沿いの土手を走るんですが、
ふと携帯を見てみると
親からメールがきている。

「そろそろ、ついたかな?今日はすき焼きだよー」


おーすき焼きいいねー。でもそれどころじゃないね~。っという感じで・・・

どうやら去年とほぼ同じペースで行けると思ってたみたい・・・。
確かにメール来たのは去年ならもう着替え終わってたような時間だけど、
今年はその時間から更に1時間経ってようやく到着。



部活の友達と一緒に走ってたんですが、つくづく体力の落ち具合を感じていて、

「去年の自分、めっちゃはえーな・・・」
「うん、オニか、なんかだったね・・・」





二人とも去年に比べ大幅に遅れてゴール。

でてきた言い訳が

「まあ夏休み一生懸命、机に向かいすぎたかな・・・笑」



でも、完走できてうれしかったし

残りわずかとなってきた、卒業までに超えなきゃいけない山をまた一つ超えることができたかな

っていう満足感に浸ってます。
[PR]
by sarupote | 2009-11-01 20:41