<   2010年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

メイプルの高み

今日は、なんと!

ホーンテイルに連れて行ってもらいました。


いちごのみみさんとはあとさんがネックレス枠で入れてくれて、貴重な体験をさせていただきました。

ありがとうございました。



で、結果からいうと・・・僕のマヌケのせいで僕は最後までいられず・・・


水晶を誤ってクリックしちゃったみたいなんだよね・・・


ほんとせっかくの機会なのにすいませんでした。

そして悔しい~007.gif







でもユーザーの進化を激しく感じたよ・・・


だってね~。

「ちーむとぶた」ってことで仲間みんなで、

半ば討伐というより絆を確かめ合うのが目的みたいな感じで、

かなわない敵相手に皆で挑んでたのもつい2年ほど前だよね。

まあその2年がでかいんだろうけども。

今は一時間でクリアだったよ・・・しかも15・6人くらいで・・・



まあでもゲームってのはいつか攻略・クリアされるものだよね。
みんないつかはクッパ城クリアするんだよ。


そして、その攻略法も「ちーむとぶた」やってた時代と違ってかなり確立されてきてるみたい。



だから、また連合だけでやろう!!



としてもたぶん、できないんだよね~。

いや、できるかもしれないけど、絶対にみみさんとかはあとさんとか、
ホンテに慣れた人たちとその友達も何人か混ざらないと当分はクリアできないと思う


というのも、ぱっと見て、確かにみんな簡単そうにやってるんだよ・・・

「こらww集中しなさいw」とかチャットに流れるんだよ、本体戦で。


だけど、

僕が欠けたとき、「リダちょうだい」って、リーダーの人が言ってて、対応早いな~って思ったし。

ワイバーンが沸く前からザコ処理に動いてる感じだったし、

ラッシュの使い方とかもね。


あれは単にレベルが高いとか、拳のオークの裏技とか

それだけじゃなくて経験の多さみたいのがよくわかる状況だったよ~

そしてコミュの中でまたきっちりした組織が出来上がってるような感じで、

とにかく、ハイレベルな人達だった。










今となっては人も少なめになって、連合で何かやるってことも難しい雰囲気になっちゃったな~


もちろんしょうがないことなんだけどね。


ネクソンに対していろいろ不満もある人多いし。

でも現実世界と違って参政権みたいなもんないからどうしようもないんだよね。


こんな世界に税金払ってられるか!ってなるのもありえる話だ。


でもこれまた現実世界とちがって、「時間」と「リアルマネー」っていう税は

払わなくても別にいいんだよね。

やめればいいだけだから。


だからいっつも「ネクソンの政治」と自分の払ってる税の重さを天秤にかけて、
つりあうように税の負担を自分できめてる。

で、メイプルに価値を見出せなくなったとき。

もしくは「時間」の価値が極限に高まったとき、引退。



今サクチケもないし、特に目標らしい目標もない状態なんだよね

なんかホンテ倒したら、区切りをつけちゃいそうかも。



この前とぶさん率いる「エクレ屋」とちょびっとお話したけど、アイテムのあげ合いみたいなこともして。

当分やめるってことはないかもだけど

なんかただ他の人といろいろしゃべるのだけが目当て、みたいなね。

そっちにシフトするのかな~。いやもうしてるのかも。

だんだん強さとか「なにを倒せる」とかを気にしなくなってきてる気がする・・・


なんとなく、ここで言う「ハイレベルな人達」との雰囲気に隔たりを感じた上で

そう思いました。

少なくとも自分が目指すハイレベルな「メイプル人」はそっちのタイプじゃないなと。





一応付け加えると、
今日お世話になった方々に対して否定の意味はまったくないですからね?
ほんとすごいと思いました。

そして、また機会がありましたら、是非是非一緒に連れて行ってほしいです。
[PR]
by sarupote | 2010-04-27 00:16

なんか書こう

予備校生活が始まりました。

つらい生活だ~

とか、

長くて長くて気が狂う

とか、一浪して今年東大受かった先輩に昼をおごってもらったときに脅かされてたんですけど、

今のとこはそうでもないです。
まあまだ一週間しか経ってないからってのもあると思いますけど。



というよりね。

勉強が苦というよりは、知らない人だらけってほうが厳しいです

テニス部の友達が一人いるんですけど、他は・・・
同じ高校の人もいるっちゃいるんですけど

「顔はみたことある」
って人ばっかり。

テニス部のやつを通じてやっと新しく二人としゃべるようになりましたが。

開成のやつとしゃべってみたけど、どうも会話が弾まない・・・




そもそも代ゼミにくる、同じ高校の人数自体が少ないんだよね。

みんな駿台に行っちゃうんだよ・・・
大宮の代ゼミに通ってるんですけど、
そこって自転車置き場のすぐ目の前に駿台の大宮校があるんです・・・

だから毎朝知ってる顔とすれ違う。





ところで、

浪人生の数はうちの高校は4年制高校といわれてるくらいで、


って意味わかります?

最初3年間は〇〇キャンパス   (〇〇は高校のある地名)
最後1年が駿台御茶ノ水キャンパス

だそうです。


「第一志望はゆずらない」

という進路指導の方針の結果、

模試でC判定も出ないようなところに多くの人が突撃していきます。
中には抑えの私立を蹴ってまで浪人する人も。なんのための抑えですかってツッコミをいれたくなるけど。

だから浪人生はすんごい多いんです。





これ、どう思います?




もちろん、みんな来年があるなんて気持ちで勉強はしてないです。

そして、浪人が決まったときの正直な心境を言うと

違う高校に行ってれば無難な大学選んで4月からハッピーライフなのかな・・・


って、ほんとにそう思ったこともあったんです。
だって、県内の同じレベルのとある公立高校は浪人はクラスで一人いるかいないからしいですし。


でもでも今思うと、母校にいなかったらまさかね~東大なんて目指してもいない。





ちょっと話は変わりますけど、
私立の新学校とかは、センターで高得点を取った人には、
たくさんの私立大学を受けさせるみたいです。学校のお金で受験料払ってでも。

受かるとこを受験して合格してほしいっていうのが本音なんだろうね。
私立はビジネスだからある意味当たり前だと思うけど。


その点僕の高校は行きたいと思うところを受験することを
レベルに問題があっても止めもしないし、むしろ薦めるんです

そして先生がそういう態度なだけじゃなくて

仲間もみんなそう思ってる。










で、なにが言いたいかというと、

・あの高校にいなかったら、途中で何かを目指すことをやめていた
・周りのおかげ(もちろん親も含めて)で、自分の選択は間違いではないって思える


だからあの三年間の高校生活のおかげで自分は、
遠回りをしているんじゃなくて、
去年の受験の延長を前向きに進めてるかも。


ゴールが単純に遠のいただけなら遠回りじゃないですよね。

遠いゴールに到達したときほどうれしいですよね。


つまるところ元気でやってますよ。ってことなんですけどね

一方で
[PR]
by sarupote | 2010-04-22 00:32

冒険家のリング騒動

なんか、50以上の冒険家のキャラを30レベルをあげると、
いい指輪くれちゃうっていうキャンペーン始まりましたね。


僕もちょちょいと挑んじゃおうかなって思って。

「まあ、普段140レベルのキャラ操作してるわけだしぃ、
70レベルのさるぽってぃを100レベルにするくらい、できるっしょ。」


と思って弓使いのさるぽってぃに手を出しました。

15%あげて挫折。



次に、49レベルの斬りさるに目をつける。

「これ、50レベルにしてから、80まで上げればいいんじゃない? ふっ。」

よゆうだよ。これならいけるっしょ



30%あげて挫折




・・・





ここで新情報が僕の耳に舞い込んできます


どうやら、新キャラ作って50レベルまで上げればリングもらえちゃうらしい。

これはもらったよ。さすがに。


というわけで拳を作ろうと決意したわけです。
拳作りたかったんだよ。さそらさんみててね、なんかうらやましく思ったり。


でもね、キャラのスロットが空いてないわけですよ。

何か消さないといけない。


「どれに、しようかな、さるぽての、いうとおり!」

e0182077_043731.jpg

この人が当選しました。



ですが、この人は「さるデモート」と呼ばれてて、記事のカテゴリーにまで分類されてるんです。
いわば番組のレギュラー張ってるのに、途中で消えちゃうことになっちゃう。


名前を言ってはいけない例のあの人


うーん。悩ましい事態。。。







しょうがない、完結させよう。



まだ世界征服は1%進んだか進んでないかなんだよね。

だからここはBAD ENDで終わらせるのが手っ取りばやい。



うーん。どうしようかな~。


さすがにね、交通事故で死亡とかはね、できないんだよね。


だって、明け方の帝王だなんて仰々しい肩書き作っちゃったから・・・


ほら、明け方って交通量少ないでしょ?

・・・




そうだな~。やっぱ魔法の世界にいるやつに殺されちゃうのがいいかな。


ディメンターとかどうだろう?吸魂鬼。

しあわせを吸い取っちゃう。


じゃあ、昔の記事で使った適当なssに
ディメンター役のモンスターのssをコピペしまくって・・・


こんなもんかな。

うんうん。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



さるデモート  

第大体5・6話 (最終回)



明け方の帝王は冬眠していた。


そして、桜も咲く季節になり、ついに眠りから覚めた。


「シュンミン アカツキをオボえず。。。」


そう、知ったかぶりしてかっこつけていると、得体の知れないものがたくさん近づいてきた。


e0182077_0201933.jpg


ディメンターだ。こいつらは幸せを吸収してしまうヤバいやつらなのである。

詳しくはハリーポッターという人気小説をみるといいよ。3巻がいいかな。



さるデモートはあっという間に接近されてしまった。寝起きだからしょうがない。


学校まで、一度も赤信号に引っかからなかった喜びや、

給食で余りのプリンを賭けたジャンケンで一人勝ちしたときの幸せが次々と奪われていく。



そして、ついにさるデモートは気を失ってしまい、二度と目を覚ますことはなかった。。。



END
[PR]
by sarupote | 2010-04-07 00:29 | さるデモート